レーザー脱毛の内容とメリット

subpage01

レーザー脱毛は、足や脇の下などに生えているむだ毛の成長を抑制する為に考案された施術で、高出力のレーザー器具を使用して行います。
高出力レーザーを使用するためには医師免許の保有が条件となるので、エステティックサロンや脱毛サロンなどの美容施設では行われていません。

レーザー脱毛を行っているのは、美容外科などの医療機関だけです。
むだ毛を含む体毛全ては、毛乳頭細胞が栄養素を吸収する事により毛母細胞が分裂する事により成長します。
ただし、毛母細胞の分裂にはサイクルがあり、成長期、退行期、休止期の順番で移行しています。

レーザー脱毛を行うのは、この内で成長期と呼ばれている状態に対してです。
皮膚の表面に露出しているむだ毛にレーザーを照射する事により、発生した熱が毛根へと到達します。
これにより、毛乳頭細胞や毛母細胞が破壊されるので、むだ毛の成長が止まる事になります。

これらの細胞が再生される可能性はゼロではありませんが、かなりの確率で生えてこない状態が継続します。
レーザー脱毛のメリットは、短時間で広い範囲に対して施術を行えるという事です。
これ以前に主流だった電気脱毛の場合は、毛穴の一本一本に針を挿入するという事で非常に時間が必要だったのですが、レーザー脱毛の場合はこの様な手間がかかる事はありません。また、痛みについてもかなり軽減されており、皮膚がダメージを受ける事もありません。
仮に、皮膚に異常が生じた場合は、医学的根拠に基づいた治療が実施されます。