医療レーザー脱毛のリスクと安全

subpage01

レーザー脱毛は、近年多くの人に支持を集めるようになり、施術を体験した人もたくさんいます。


これに伴い、クリニックなどの宣伝も、華やかになってきましたし、より身近に感じられるものにもなってきました。

医療レーザー脱毛の宣伝でのキャッチコピーで、よく安心や安全といった言葉を目にすることは多いです。

この意味を考えたとき、全くリスクがないという意味ではありません。これは覚えておきたいところです。
万が一なにか起こったとしても、医療の知識を持つドクターがいるため、適切な処置をスピーディーに行える、という意味です。


脱毛をするということは、医療機関であっても、エステサロンであっても、リスクがないものではありません。
1番多く見られるリスクとしては、脱毛によるヤケドです。


医療レーザー脱毛であっても、ヤケドを起こすリスクはあります。
黒い色にレーザーは反応する性質を持っていますから、熱に変換してヤケドを負うこともあります。それは、エネルギーレベルを高く設定しすぎていることも、原因のひとつです。

ヤケドをすれば、ヤケドの跡も気になりますから、そういったトラブルには、巻き込まれたくはないものです。


ヤケド意外にも、毛膿炎などのニキビができるケースもあります。

これもリスクのひとつと言えるでしょう。
2週間から、3週間もすれば、自然に消えていきます。


これもヤケドと似ているところがあって、跡が残るケースもあるので、注意したいところです。