乳幼児のころに小さな歯が出たと喜んでた

乳幼児のころに小さな歯が出たと喜んでた

乳幼児のころに、小さな歯が出たと喜んでから、一生懸命親は子供の歯を虫歯にさせないために歯ブラシをさせます。
それでもできてしまうのが虫歯です。


私が舎人の小児歯科で聞いた話です。

乳幼児の時には、乳歯が生えているから生え変わるだろうという甘い認識で、歯科に行かずに放置させてしまうというのは本当によくないことと言わざるを得ません。

虫歯の治療を放置しておくことは後々の歯並びや、より深刻になると骨まで侵されてしまうという場合もあり得るので、しっかりと歯科に行って治療をするという癖をつけることが必要になります。

小さいころですと歯科治療はできないのではと思いがちですが、小児歯科というような形で看板に書いている歯科も多いので、専門的に治療をしてくれているお医者様に通ってみるというのも安心感が高まるのではないでしょうか。歯科にいって定期的に歯を見てもらうことによって、子供のころから歯を大事にしようという意識が芽生えます。


また歯ブラシの使い方なども教えてもらえるので、楽しく歯を守るという方法も理解することにつながるのです。歯があまりにもボロボロになると横浜市で行えるインプラントなどをはじめ、別の治療法を考える必要があります。
小さなころから歯を守り育てていくことの重要性は、本当に教育として誰もが理解していくべきことではないでしょうか。



東京の矯正歯科に行った時に強くそう思いました。


大人になってからも、早期に虫歯を直そうという気持ちにもなりやすいですし、歯医者嫌いというものが無くなる要因にもなります。歯並びが気になるという場合でも、適切に成長段階に応じて矯正をすることによって、非常にきれいな歯列を形成するということも可能です。

どれもこれも早めに手立てを講じることによって、より良くなっていくということになりますから、できるだけ定期的に歯科に通うということがお勧めの方法ともなるのです。



大人になっても、まさにそれは同じことで、しっかりと早めに治療を行うことによって、虫歯を食い止めることができたり、歯周病を発見することにもつながるので、一生をかけて歯を大事にするために、歯科に気軽に出かけていくということがお勧めとなります。

東京で受けられるインプラントであれば美容目的でも大丈夫です。





Copyright (C) 乳幼児のころに小さな歯が出たと喜んでた All Rights Reserved.